よくあるご質問

入園・入学・編入に関するご質問

Q1:編入したいのですが、手続きなどの方法を教えてください。

A1:このサイトの「各種手続」の「編入手続き」をご覧ください。

Q2:幼稚園にはいつでも入園できますか?

A2:定員制ですので、募集があれば入れます。年中クラスと年長クラスがあります。

Q3 : 補習授業校への納入金はいつ納めますか?

A3:納入金は「授業料」と授業料では賄えない諸費用(校舎借料など)の「教育賛助金」から成り立っています。勤務先から教育賛助金を支払われてい る方は授業料とそれ以外の費用(入学金・父母会年会費)をお支払いいただき、そうでない方は全てをお支払いいただきます。勤務先から教育賛助金が支払われるかどうかはそれぞれの勤務先にご確認ください。詳しくは学校要覧「入園・入学(編入)・退園・退学とその事務手続きについて」をご覧ください。

Q4:入学時に前の学校から在籍証明などの書類は必要ですか?

A4:特に必要ありません。

Q5:補習授業校で使うもので、渡米前に日本で準備しておくとよいものはありますか?

A5:【リコーダー】小3、小4は音楽の授業でリコーダーを使用します。アメリカの学校と日本の学校で使うリコーダーはタイプが違うので、日本から持参するか、こちらでも購入できます。

【書道】小学部3~6年生では、毛筆による書初めの宿題が出されるため、習字道具はあった方がよいです。

【絵の具】絵の具は学校では使用しませんが、日本商工会が休日に開催する写生大会が年に一度あり、児童生徒の多くは絵の具持参で参加します。

Q6:教科書は配付されますか?

A6:補習授業校で新学期を迎える在籍中の小・中学生の児童生徒には無償で配付します。日本から入学・編入の場合は、日本で海外子女教育財団から給付を受けてください。第3国又は米国他州から入学・編入の場合、及び既にミシガン州にお住まいの方は、入学・編入前に管轄の在外公館(総領事館等)にお問い合わせください。

Q7:小学部のノートはどのようなものを用意したらいいですか?

A7:小学部1~5年生には、国語と算数をそれぞれ1冊ずつ、6年生には算数のみ、年度初めに学校から支給します。2冊目以降については、学校近くにある日本の文房具を扱っている店で購入できます。社会は大学ノートを各自で用意してください。ノート見本はこちらです。6年生は算数のみ支給します。国語・社会は各自で用意してください。

Q8:算数セットは必要ですか?

A8:算数ブロック、おはじき、時計のみ低学年の授業で使います。算数ブロックは各自でご用意いただきます。お持ちでない方はこちらでも購入できます。算数ブロックの見本はこちらです。おはじきと時計については、補習授業校のものを使用します。

Q9:ランドセル(またはランリュック)を持たせた方がよいですか?

A9:どちらでもかまいません。多くの児童は現地校で使う「バックパック」と呼ばれるナイロン製のリュックサック等で登校しています。

Q10:入学・編入前に学校を見学できますか?

A10:防犯上、本校関係者以外の校舎の立ち入りを禁止しております。見学をご希望の場合はその週の木曜日までに事務局に予約を取ってください。当日の受付はできません。

学校生活に関するご質問

Q1:デトロイト補習授業校は日本の学校と同じ4月始まりですか?

A1:はい、同じです。学齢も同じ基準です。

Q2:登下校はどのようになりますか?

A2:保護者の責任において送迎していただくことになります。スクールバスはありません。

Q3:高等部にはどんな選択科目がありますか?

A3:多数設置しています。具体的には学校要覧の4~5ページをご確認ください。

Q4:高等部では現地校クレジットが取得できると聞いたのですが。

Q4:できる学校区とできない学校区があります。

Q5:給食はありますか?

A5:いいえ、ありません。各自お弁当を持参してください。

Q6:図書室はありますか?

A6:あります。約14000冊の蔵書が揃っており、園児・児童は名札のバーコードで、中高等部の生徒は図書タグで本を借りることができます。また、保護者にも図書室をご利用いただけます。貸出しをご希望の保護者は図書タグの申し込みを行ってください。

その他のご質問

Q1:HP上のリンク文書が表示できません。

A1:Googleのサービスを利用しているため、会社などのセキュリティーが厳しいネットワーク環境においては、表示されないコンテンツがあります。その場合はご自宅など他の環境にてご覧ください。ご使用のブラウザ種類によっても表示不具合が発生する場合があります。